犬のしつけのことなら京都市にあるライトマン京都警察犬訓練所

ライトマン京都警察犬訓練所のトップページへ

まずはじめに
初めてお預け頂くご家族の方へ
しつけ・訓練風景
よくあるご質問

各コース・サービスご案内
預託訓練
出張訓練
ドッグホテル

ライトマン京都警察犬訓練所
施設概要
お客様の声
実績紹介

施設概要

施設概要

btn
施設風景   所長からのご挨拶

施設概要
訓練所名 ライトマン京都警察犬訓練所
住所
〒607-8172京都府京都市山科区大宅屋敷2 map
TEL 075-571-2525
受付時間  9:00〜20:00
定休日 不定休
代表者 竹本 昌生 (一等訓練士長)
公認 社団法人 日本警察犬協会公認
嘱託 京都府警察本部嘱託
登録 【訓練登録番号】京都市登録第070-140号
<保管登録番号>京都市登録第1000-32号
業種 警察犬・一般家庭犬の訓練所、ドッグホテル
駐車場 あり
アクセス <最寄り駅>京都市営地下鉄東西線 椥辻駅東へ約1km。岩屋神社交差点東へ 神社東側。橘大学校門より東へ200m 京都東インターより、約10分。
施設概要

アクセス


より大きな地図で ライトマン京都警察犬訓練所 を表示

#001
施設風景

犬舎

第一訓練所

第一訓練所

第二訓練所

排泄場所 (砂利)

排泄場所(コンクリート)


このページのTOPへ

#002
ご挨拶

京都東インター、JR山科駅、椥辻駅よりバス、車で約10分。
橘大学校門より東に200m、豊かな自然に抱かれた芝生の訓練所で、犬達ものんびりとしつけ訓練をおこなっております。
昭和23年開所しましたライトマン京都警察犬訓練所は、数多くの訓練士、警察犬、名訓練犬、名映画犬、セラピードッグを輩出して参りました。
私が訓練士になったきっかけは、幼少期にシェパードの堂々とした野性味ある姿に魅了され、父から一頭を与えてもらったことにはじまりました。
自由に動きまわる犬に、私の思う動作を理解させる為には、強制ではなく愛情をこめて愛撫することで命令に従うようになってくれ、犬も心が通えば多少の強制が加わっても服従してくれることを知り、叱ってもよいが怒ってはだめだという訓練の鉄則を見出すことができました。

ご挨拶

ご挨拶

そして、私だけの喜びではなく、犬を飼育する人、みなの誇りと名誉の為警察犬訓練士として社会活動に貢献することを決心し、年中一日も休まず数頭のシェパード犬の訓練をおこない、自分の未熟さをカバーする為ではありましたが、飼い主様達にも大変喜ばれました。
その後、協会役員の方の薦めで公認訓練士となり、私流の訓練方法と理念で今日まで至りました。

後継者達に、私の数々の経験と理念を受け継ぐべく現在も邁進する日々でございます。
愛情を持って接することを訓練のモットーとしております。
どうぞ、安心して大切なご家族である愛犬をお預け下さい。そして、犬のことでお悩み、心配ごとも何でもご相談下さい。


所長プロフィール
ご挨拶

■昭和23年
ライトマン京都警察犬訓練所開設

■昭和44年
京都府警察嘱託警察犬制度発足に伴い嘱託指導員として、 また昭和48年より日本警察犬協会訓練士として、警察犬の訓練指導、捜査協力及び直轄警察犬担当の指導教養に当たり、現在の警察犬の臭気選別方法を開発し、数々の難事件解決にも貢献して参りました。


所長プロフィール
ご挨拶

■平成16年1月
黄綬褒章受章
警察犬指導員としての職務精励に対し、黄綬褒章を受章 致しました。


著書
  首輪をつけた捜査官   匂いの捜査官   警察犬の活用方法  
         
 

首輪をつけた捜査官
平成6年7月20日 初版

 

匂いの捜査官
平成16年12月5日 初版

  警察犬の活用方法
竹本昌生 著
 

このページのTOPへ

小型犬・大型犬のしつけ、訓練のことならライトマン京都警察犬訓練所

小型犬・大型犬のしつけ 訓練のことなら ライトマン京都警察犬訓練所  TEL:075-571-2525
〒607-8172  京都府京都市山科区大宅岩屋殿2


サイトマップ
HOME  
まずはじめに 初めてお預け頂くご家族の方へ | しつけ・訓練風景 | よくあるご質問
各コース・サービスご案内 預託訓練 | 出張訓練 | ドッグホテル
ライトマン京都警察犬訓練 施設概要 | お客様の声 | 実績紹介

Copyright(C) 2010 犬のしつけ ライトマン京都警察犬訓練所 .All rights reserved.